広島のホームページ作成MCSタイトルページ

投稿BLOG

ホームページのトップページなどのアピール文章

2018年09月05日

ホームページのトップページやメインで訴えたいページの文章についてですが、とかく長くなりがちで読むのを飛ばされるもったいない感じのサイトがあります。
特に今はホームページのアクセス比率がスマホ50%、タブレット5%、残り45%がパソコンという状況です。
スマホで長い文書を読むのは苦痛になる可能性もあります。

そこで段落分けしたり、メリハリをつけたり、箇条書きにしたり、結論を先にもってきたり、工夫が必要です。
またアピール文も見に来たユーザーの悩みを聞いて、それに完結に答えるようにするのが望ましいです。
それらの簡単な注意点を簡単に上げておきます。

・文章は一文一義のルールで書いていく。箇条書きとか使い長くしない。
・文章は話し言葉でなく書き言葉に徹します。(当社、当サロンでは)
・専門用語が多すぎるとわからなりますが、きちんと意味と目的は伝えるようにします。
・たくさんのとかではなく具体的な数字を使う。(1袋でビタミンCたっぷり6000mg )
・具体的なお客様の言葉を「」をつけて入れる。
・ポジティブライティングをする。(納期は未定です、返品お断りとかあまり否定的な言葉は使わない。)
・文中に主観的と客観的をうまく組み合わせる。(施術の当店ユーザーリピート率驚異の80%)
・数字は半角英数字に統一する。

そして最大に大事なのはターゲットに対して「ハッピーになりたい」「悩みを解決したい」と思わせる事です。
このキャッチコピーが大切です。
夢を売る要素に、新しいものであるということをいかに加えるかがホームページの集客のポイントです。

Blog一覧